奈良モーツァルト会

アクセスカウンタ

zoom RSS 死なせてくれないことへの母の苛立ち

<<   作成日時 : 2017/07/02 12:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

90歳に近いにしては自力で歩行し、見た目も若い母だけど年のうち半分くらいはおもに圧迫骨折で入退院を繰り返しています。私が彼女と同居する決断をしたことでイヤでも(笑)私の超厳選食事を共にすることになり、年中咳こんだり風邪をひきやすかった母の体質が改善されここ数年風邪をひいたことがありません。

今回入院中にも様々な検査がありましたが、『内臓はすべて大変優秀です。血液も綺麗、立派なもんです』

誉められた、、と母、満足気な様子

けど、、『内臓が大丈夫ってことは骨がぼろんぼろんでもまだ生きてなアカン、、ってことやな、、いたしかいしやなぁ、、ちっ(-""-;)』

まぁ彼女はアグレッシブに人生を勝ち気に生きぬいてきたから自分に“”決定権が無い“”ってことに苛立ち、はがゆさを感じているのだと思います。

わからんではないです。
一般的にも、手厚すぎる医療の在り方に私はずっと疑問を感じています。

今の医療ってとりあえず息をさせておいたら医者サイドの“”勝ち“”、、、みたいな風潮を感じます。

違うやろ、、
病気になったから投薬、、切除手術、、ではなく、、なる前にどうしたら良いかを啓蒙するのが筋と思っています。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
全く同感です!。
自分自身もそろそろその域に達しそうですから他人事ではないです〜😓
Yoko
2017/07/02 15:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
死なせてくれないことへの母の苛立ち 奈良モーツァルト会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる