アクセスカウンタ

奈良モーツァルト会

プロフィール

ブログ名
奈良モーツァルト会
ブログ紹介
『人から人、心から心へ、音楽は温かい』

☆奈良モーツァルト会とは☆

10数年前に高羽一夫さんが発起人となりモーツァルトの音楽やその他のクラシック音楽全般を肩肘張らず気楽に良い雰囲気の中で楽しむ会としてスタートいたしました。

約40名ほどのごく親しい仲間で結成し年間2回の定例コンサートほか仲間で集まってワイン会や温泉旅行等々、愉快な交流を続けています…

初代会長が大変残念ながら今年(2011年2月)にお亡くなりになりました、成り代わりましてピアニスト『上田賀代子』が引き続き会を続行させて頂きます。

☆会員募集☆
1、音楽がお好きな方ならどなた様でもご入会頂けます。

2、ご入会頂きましたら、年間のコンサートスケジュールや関連する各種協会等々のイベントや講演のお知らせを、お届けします。
※名前、住所、メールアドレス登録先
klavier072800@gmail.com

3、奈良モーツァルト会の入会費及び年会費は、無料です。

4、会員は会員番号としてモーツァルトの作品番号をご自身でお選び頂けます(但しすでに会員番号として登録済みの場合もございますのでご了承ください)

☆ピアニスト(奈良モーツァルト会会長)上田賀代子ってどんな人?☆

☆ジャズピアニスト後にジャーナリストでもあった父の影響で、2歳くらいからピアノと遊びはじめる。金澤孝次郎門下生。大阪音大付属音楽高校ピアノ科で学び、ドイツに留学。ドイツ 国立シュトゥットガルト音楽大学大学院ピアノ科に入学。ベートーヴェン弾きといわれたユルゲン・ウーデ教授のクラスで学ぶ。当時、カラヤンと対局にあった名指揮者 セルジュ・チェリビダケによる指揮科での授業やコンサートリハーサルに参加。音楽的影響を受ける。その後、国立 カールスルーエ音楽大学大学院に転入。後に同大学学長となるファニー・ソルター教授のクラスで学ぶ。同時に、ドイツ国内のさまざまなセミナーに参加し、数々のディプロマを授与される。さまざまなコンサートや録音等、学生時代から舞台活動を行う。1980年に帰国。以後もドイツと日本を行き来しながら大阪芸術大学や四條畷女子短大で講師を努めながら、東京、京都、大阪、奈良など各地で多数のリサイタルや室内楽コンサートに出演。2007年から3年連続でドイツ9都市においてコンサートプロデュースを行い、コンサートアレンジも手がける。日独ピアノ芸術学院院長。奈良モーツァルト会会長。

☆そんな私は天然記念物的『B型』そして健康オタッキー、3サイズと体重は30前半から変わらずキープしている事がちょっとだけ自慢(笑)

マァ、ピアノの練習は肉体労働ですからね、優雅に見えてじつは1時間弾いたらヘトヘトになります(苦笑)

☆お見知りおきください、とにもかくにも奈良モーツァルト会を通してご一緒に遊びましょう。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
★12月3日/日曜/2時から☆高畑ろくさろん
奈良モーツァルト会第44回定例会・納会を予定しています。来年の話は鬼が笑う‼ですがちょっと先ではありますがギリギリ年内の予定です。笑わないでね。(^-^)/ タイトル『森羅万象・八百よろずの神(動物と木々の精霊)』 今回は◎私がサロン中にもみの木をいけこみます。◎拝田寛さんの川蝉や蜻蛉等、稀少価値の高い写真を展示、水島太郎さんの牛、鹿、ウサギ等、世界でも珍しい脱乾漆技法による彫刻作品を展示、◎朗読の世界でご活躍の西村民栄さんに“”花の好きな牛“”と私の自作“”萩のおんがえし“”を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/16 17:15
萩のおんがえし“”ここにいるよ“”
萩のおんがえし“”ここにいるよ“” ここ数日小さな童話を書いてました。タイトルは『萩のおんがえし』先日舞台上に萩をいけこみました。可能な限り山や野に自然にある木々をいけこむスタイルにこだわるので花材はほとんど自力で採取と決めています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/15 17:01
☆おくれ七夕☆
☆おくれ七夕☆ 9/日曜/学園前ホールでいけこみをさせて頂きました。いけこみ当日の早朝に太く青々とした立派な真竹を二本採取し、全部の節にドリルで孔を開けスポイドで水を流しいれ、水揚げの作業をしました。生物(なまもの)である木々や花を生けるのは、いかに水揚げが成功するか、作品の価値が左右されるポイントです。水、水、水、最近私の頭ん中は『水揚げ作業』のことで水ビタシです(笑) 特に竹は華道の世界では最も水揚げが難しく笹がアッとゆうまに縮れて丸くなってしまう、、そうなったら修復は不可能なので竹をいけこむのは相当な達... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/07/11 13:38
☆今週9日/日曜・1時から/学園前ホール☆遅れ七夕☆
☆朗読の会から依頼を頂きました。会場と舞台上に『いけこみ』をさせて頂きます。七夕さまより2日遅れの9日、、いけこみのタイトルは“”遅れ七夕“”としました。ホール受付エントランスには竹林を作る予定、、しかけを色々考えていますが明かせません(笑)年に1度の2日遅れの逢瀬の気分を木々で表現します。会場でご覧いただけたら嬉しいです。☆今回も鹿背山の若き彫刻家、水島太郎ちゃんの作品→牛→彦星は牽牛と申します、牛追いらしいです。太郎ちゃん作の豊かな気持ちになれるビッグな牛ちゃんが登場します。大水盤や壺も太郎... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/07/03 11:57
死なせてくれないことへの母の苛立ち
90歳に近いにしては自力で歩行し、見た目も若い母だけど年のうち半分くらいはおもに圧迫骨折で入退院を繰り返しています。私が彼女と同居する決断をしたことでイヤでも(笑)私の超厳選食事を共にすることになり、年中咳こんだり風邪をひきやすかった母の体質が改善されここ数年風邪をひいたことがありません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/07/02 12:31
Taro Mizushima ・Solo Exhibition ☆7/22〜7/28
Taro Mizushima ・Solo Exhibition ☆7/22〜7/28 神戸/kITANO ALLEY GALLERY ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/30 08:59
蓮 花言葉・清らかな心 昨日のお稽古でいけた蓮のつぼみ、、今朝開いていました。(写真参照) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/06/27 14:30
顔も見ずにいたす。。。??ドイツ的比喩??
今年から月1でお花のお稽古指導をしています。お花に向き合えることが嬉しいしお稽古に来て下さる方々の人数分(レギュラーは15名余り)自らの修練になるので有難いことです。 昨日のお稽古では花材のひとつにベル型で可愛いカンパニュラがありました。白、空色、淡いピンク、珍しい八重も、、 ハイブリッド交配された花屋さんのお花でも1本1本、、よ〜くながめたら花つきや枝ぶり、それぞれ個性があります。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/06/26 17:37
東吉野・高見川
東吉野・高見川 天誅組 血しぶきひろう 河原の蛍 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/24 16:19
斜面いっぱいに愛らしく揺れる蛍ぶくろ・幽玄の山中に天誅組の足跡
丹生川上神社中社に参拝しました。本殿脇には木霊神社がありそちらに強いご霊気を感じました。 高見川の水は物凄い透明度。水の龍神さまと河原でしばし交信して遊びました※アブナイ?(^_^;)))(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/06/22 06:48
盛り上がってる感が嬉しかった昨夕/ムジークフェストなら
奈良県の知事さんの肝いりで始動したムジークフェスト、私はピアニストとしてスタートの年から昨年まで5年連続舞台を勤めさせて頂きました。今年からは音楽から少し距離をとっていますのでのんきにしています。。昨日はたまたま焼肉を食べに行くべしで友人と近鉄奈良駅噴水のところで待ち合わせしました、駅に着くと物凄い人だかり&大音量のビッグバンドの演奏がガンガン\(^_^)/ ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/06/19 20:01
近鉄学園前オペラサロン6月例会/ヘンデル作曲バロックオペラ『セメレ』
昨日は、オペラ愛好家サロンでした。『セメレ』は人間の三大生命欲(食欲、睡眠欲、性欲)のうち、トップはなんたってダントツ“”性欲“”でしょ!って内容のオペラです(笑)オラトリオ(旧約聖書による宗教的内容を含む劇)『セメレ』はギリシャ神話のオウデイウスの“”変身物語“”を元にした神々のお話。しかしながらセメレの特異性は、情欲、嫉妬、後悔、自惚れ、、等、人間のさまざまな感情を赤裸々に暴き出している点にありベッドシーンがあまりにも多く露骨過ぎて“”淫らなオペラ“”と当事は悪評がたちました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/17 12:21
不審車
昨日、ついにドンつかれました、、ハザードつけっぱなしで止まったり動いたり、、ソリャ迷惑だとは思います。すみません、、最近、運転中も木々や草花が気になりすぎて挙動不審な運転をやってしまっています。“”おっ、あんなところに萩が、、“”“”あ〜もしかして今のはホタル袋かも“”、、 突然停車!! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/06/16 14:45
スモークツリー/コウホネ
スモークツリー/コウホネ 水生植物のコウホネを観察に行きました。まず旧フラワーセンター、訪れたのは初めてです。広大な敷地、豊かな緑、蓮や睡蓮の池がたくさんありきちんと清掃の整ったあずまやが点在し、、誰も居ない、、歩いてない、、貸切り(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/06/14 21:17
小アジサイ・二人静・日陰の葛・笹百合
小アジサイ・二人静・日陰の葛・笹百合 花言葉→仲良し(小アジサイ)/いつも一緒(二人静)、、昨日は山のお花の会の仲間と東吉野川上村の深山へ小アジサイの群生を見に行きました。川上村へはしばしば出掛けますが桜井から大宇陀回りで山の道を走るルートは初めてでした。緑深い木々の息吹を満喫しながら東吉野に到着しました。憧れていた丹生川上神社の『中社』の前を通り※残念ながら昨日、参拝は叶いませんでした。神社横の狭い道をドンドン山の奥へ奥へ登ること半時間。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/06/14 17:15
教育されてない電話対応に“”ヨッシャ(^-^)/と思ったこと。。
最近の電話対応ムチャクチャ頭にきます。『お名前をどうぞ』、、“”上田です“”『有難うございます、、上田さま、、ご住所どうぞ』、、“”◎◎◎“”『有難うございます、、』まぁとにかくクソ丁寧とゆうのか慇懃無礼とゆうのか、はたまたマニュアルしか言えないアレンジ不能なアンポンタん(笑)とゆうのか、、何ゆうても『有難うございます』が必ずフレーズにくっついてくる、、苛つくわ〜(-_-;) 注文やめたろか、と思うくらい苛つく時あります。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/06/12 16:02
花戦さ(はないくさ) 野村萬斎
だいぶ以前ですが野村萬斎さんの“”陰陽師“”を観てから萬斎さんの隠れファン(笑)です。今日奇しくも華道を題材にした前評判の高い映画“”花戦さ“”を鑑賞しました。16世紀に生きた花僧『池坊専好』を描いた映画ですが織田信長や千利休とのからみや芳友となった千利休が豊臣秀吉の無知な采配により命を絶たれたのち、専好は自らの花の世界で豊臣秀吉に挑戦状を叩きつけます。。。結果は? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/06/11 20:45
生保の内容確認での雑感
自他認める“”非実用的人間のサンプル“”な私です。今まで生命保険等、眼中に無くさまざまな社会的な手続きや保険料支払い等、等、すべて母が行ってくれていました、、しかしながら、ついに母“”も〜そろそろ自分の保険や私の生命保険等、キチンと把握しといた方が良いから“”ってことで先日内容確認に生命保険の人間がこられました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/06/10 16:31
野仏に笹百合、、黄色い蜘蛛、、蝮、、
野仏に笹百合、、黄色い蜘蛛、、蝮、、 今日は山の木々や野草を生ける花の会に参加しました。 ☆本日出会った花のたち☆順不同敬称略(^_^;)(笑) こばのガマズミ、シライト草、笹百合、たつ浪草、ねづみもち、つる竜胆、釣りがねニンジン、ぬすびと萩、夏藤、梅花うつぎ、白撫子、銀龍草、高野槇、かえで、ギボシ、小アジサイ、紫蘭、蛍ブクロ、ノミのふすま、八重咲どくだみ、瑠璃柳、定家カズラ、、、等等、、、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/06/06 18:07
その恋は危険・河骨(こうほね)仁和寺御室流秘伝のお生花
その恋は危険・河骨(こうほね)仁和寺御室流秘伝のお生花 今日は御室流のお稽古でとても珍しい“”河骨“”とゆうスイレン科コウホネ属の水草花を流儀花としていけこみました。仁和寺の奥の池にはコウホネが群生している模様ですが、一般的には蓮やスイレンのように見かけるチャンスは少ないと思いますし華道を長く嗜む方でもコウホネのお生花は花自体が貴重品なので扱う花屋さんが少ないことから、一生生ける機会が無いのが普通らしいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/06/05 13:47

続きを見る

トップへ

月別リンク

奈良モーツァルト会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる